モー娘・譜久村聖 人気の秘密はふっくらボディーに漂う“人妻感”

2017年07月19日 16時30分

写真集を手に大人っぽさが増した譜久村聖

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’17」の譜久村聖(20)が18日、都内で4冊目の写真集「二十歳」の発売記念イベントを行った。

 1年7か月ぶりの写真集をリリースしたモー娘のリーダー・譜久村は“ふっくらボディー”の持ち主で写真集でも大人の艶感を醸し出している。

「写真集が分厚いことにびっくりしました! 学校の教科書よりも厚い!」と、おとぼけ発言で笑わせた。モー娘メンバーにも、写真集を見せたそうで「(20歳を超えた)大人メンバーの生田、飯窪、石田ちゃんに見てもらったんですけど、ページをめくるたびに『ふぅー!』とか、男子中学生みたいな声を出してるんですよ!」と笑った。

 普段から、実年齢より年上に見られるといい「10代のころから、20代と間違われてきました。なので、20歳になってからは、実際の年齢より若く見られたいです」と譜久村は意気込む。

 20歳になって、お酒にも挑戦したそうで「マネジャーさんにお食事に連れて行ってもらった時に、白ワインを頼んでいただいたんですけど、まだ、おいしさが分からなかった。でも、残しちゃいけないとグラスを空けたら、またすぐに注がれる。いったいいつまで飲み続ければいいんだろうと思いました」と苦笑い。

 譜久村の“ふっくらボディー”は出版関係者の間では評判で「意外な層にも需要があるんですよ。結婚したことがないのに妙に“人妻感”がある。雑誌の表紙を何回も飾っています」という。

 それを見越してか、譜久村の写真撮影時の衣装も「人妻感」を漂わせるものが多いのだとか。

「かわいい衣装を着たことがほとんどないんです。紫のキャミソールとか、グレーのワンピースとか、大人っぽいものが多いんです」と譜久村。独特の魅力の写真集として話題になりそうだ。