モー娘・春ツアー開幕! 初めて13人揃って新曲パフォーマンス

2017年03月18日 21時00分

春ツアーをスタートさせた「モーニング娘。’17」

 結成20周年を迎えたハロー!プロジェクトの人気アイドルグループ「モーニング娘。’17」(リーダー・譜久村聖=20)が18日、神奈川・横浜市のパシフィコ横浜で春ツアー「モーニング娘。’17 コンサートツアー春~THE INSPIRATION!~」をスタートさせた。

 

 今年1月4日に「急性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニアの疑い」を公表し、2月下旬まで活動休止していた10期メンバーの佐藤優樹(17)が今回から本格復帰した。

 

 3月発売の新曲「BRAND NEW MORNING」でスタート。初めてグループ13人全員が揃ってのパフォーマンスで、ケガの具合が心配された佐藤も曲中、大きなフラッグを掲げる演出を見事にこなし、復調を印象づけた。

 

 序盤のMCで佐藤は「皆さん、ただいまー! ご迷惑とご心配をかけてすいません! 久しぶりのコンサートなので楽しんでいきます!」と頭を下げ、ファンも大声援で祝福。最後のMCでは「今日はコンタクトをつけているので、会場の奥まで見えるんです、とっても幸せです!」と独特の〝佐藤節〟で会場を自分の世界に引き込んだ。

 

 一方、新加入した13期メンバー・加賀楓(17)、横山玲奈(16)にとっては初の単独ツアー参加となる。10期の石田亜佑美(20)は「さっそく、歌唱中に横山ちゃんと目が合ったんですけど、すっごい笑顔だった。やっぱりできる子です!」。加賀については、10期の工藤遥(17)が「少し緊張してた!」とちゃかして笑いを誘った。

 

 ライブはハイクオリティーなパフォーマンスでファンを魅了。「愛の軍団」ではセンターポジションの石田がグループを引っ張った。

 

 未発表曲「青春Say A―HA」も披露し、アンコールは「ジェラシージェラシー」から「ブラボー!」で締めくくり、順調な春ツアーのスタートを切った。