「Juice=Juice」1年半かけツアー完走 総移動距離は地球1周半

2016年10月30日 06時00分

沖縄でライブツアー千秋楽公演を行った「Juice=Juice」

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」(リーダー・宮崎由加=22、金澤朋子=21、高木紗友希=19、宮本佳林=17、植村あかり=17)が29日、沖縄・那覇市のテンブスホールでライブツアー「Juice=Juice LIVE MISSION 220(ダブルツーオー)~Last Code→Full Squeeze!~」千秋楽公演を行った。

 

 日本武道館での単独コンサート開催を目指し「全国220公演ライブ」という目標を掲げて始まったこのライブツアーは、昨年6月21日にスタート。国内だけでなく海外(2か国)での公演などを経て、この日のツアーファイナルとなる沖縄公演まで約1年半をかけて行われ、その移動総距離は地球約1周半に達した。

 

 最終的に225公演を達成し高木は「不安の中でスタートを切ったこのツアーですけど、いろんな人の力もあって、やり遂げる事ができたと思います。スタッフやお客さんにも本当に感謝の気持ちばかりです」。宮本は「ツアー中、時にはメンバーの中で体調を崩すようなこともあったり、メンバー間でお互いカバーしなければいけない時も多く乗り越えてきたので、個々の対応力も上がりましたし、より団結力がつきました」と成長したグループをアピールした。

 

 また、宮崎は「私たちは、まだ結成して3年の未熟なグループですが、全国各地を約1年半ぐらいの期間でライブをしたアイドルグループはなかなかいないんじゃないかな?と思います。なので、そこは自信を持って日本武道館のステージに立ちたいと思います」と来月に行われる日本武道館での初単独コンサートへの意気込みを語った。

 

 新シングル「Dream Road~心が躍り出してる~/KEEP O 上昇志向!!/明日やろうはバカやろう」(発売中)も好調で、ファイナルライブでは、この3曲を含む全18曲を披露。昼夜の2回公演で集まった約600人のファンと一緒にツアーファイナルを祝うなど、会場は終始大きな声援で包まれ盛り上がった。

 

 金澤が「ホールコンサートや海外公演をもっともっとできるようになりたいです。フランスで海外ライブをやりたいです」と意気込めば、植村は「私は大阪出身なので、憧れの大阪城ホールでコンサートができるように頑張ります!」と目標を語った。