モー娘にかみついたアンジュルム 新曲発売イベントで“ハロプロ内紛”勃発

2016年10月21日 10時00分

新曲を発売したアンジュルム

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・和田彩花=22、中西香菜=19、竹内朱莉=18、勝田里奈=18、室田瑞希=18、相川茉穂=17、佐々木莉佳子=15、上國料萌衣=16、笠原桃奈=12)が19日、都内で22枚目の新シングル「上手く言えない」(ほか2曲)の発売記念イベントを行った。

 アンジュルム新曲発売イベントで“ハロプロ内紛”が勃発した。

 ハロプロの中でも“個性派グループ”といわれるアンジュルムがハロプロの金看板「モーニング娘。’16」にかみついた。バラエティーキャラの竹内が「モーニング娘を倒してナンバーワンになります!」と下克上宣言したのだ。

「私、ずっと言ってるんですけど、アンジュルム、売れてきてるんですよ! どんどん(報道陣も)増えてきてますから! こういうことは言っていかなきゃ!」と竹内。ほかのメンバーは“あーあ、言っちゃった”という表情を浮かべた。

 ところが、「竹内の暴走に見えますが、あながち夢物語ではないですよ。最近、ひそかにアンジュルムの評価が高まってます。『ハロプログループの中でも、いま一番ステージが面白い』と評判なんですよ」と音楽関係者は指摘する。まさかの「立場逆転」が起こりうるという。

「過去には取材陣が少なく、メンバーの方が多かったなんてこともあった。メンバーも怪獣マニアやせっけんマニアなどがいたり個性的だが、リーダーの和田がうまくまとめている。あまり先輩・後輩の関係が厳しくなく、自由にやれている部分があるそう。『打倒モー娘』で一致団結することでますます勢いが出るかも」(前出関係者)

 来月には挑戦状を叩き付けられたモー娘が新曲のリリースを控える。はたして、受けて立つのか、受け流すのか。