「モー娘」ヒューストンライブ 石田亜佑美の色っぽさに観客「ワアォ~!」

2016年02月29日 21時00分

ヒューストン宇宙センターで記念撮影する「モーニング娘。’16」

 ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’16」(リーダー・譜久村聖=19)が27日(日本時間28日)、米国テキサス州ヒューストンで開催されたコンベンション「Anime Matsuri」でスペシャルライブを行った。

 同コンベンションは日本のアニメ、マンガ、コスプレ、ビデオゲーム、音楽、ファッションなどのサブカルチャーを紹介するもので、今年で10年目の開催となる。

 ライブはグループ史上初の全編英語歌詞となる「One and Only」でスタート。その後は「LOVEマシーン(updated)」「What is LOVE」、アンコールの「HOW DO YOU LIKE JAPAN?」を含め全16曲を披露。会場に集まった6000人のファンを熱狂させた。

 途中のMCでは石田亜佑美(19)が盛り上げた。日本語の「いちばん」という言葉を紹介する際、日本語で「ここぞという時に使ってください。いろんな人に『いちばん大好き』と言うと信じてもらえませんよ」と色っぽくあおり、会場を「ワアォ~!」「フゥ~!」と沸かせた。

 譜久村は「多くの人に今のモーニング娘。を見せることができてすごくうれしかった。ライブ途中から『ライブを終わりたくないな』と思っていて、終わってハケた瞬間に寂しくて泣いてしまいました。また絶対にヒューストンでライブをやりたいし、世界のいろんな国でライブをやりたいと改めて思いました」とコメントした。