モー娘・鈴木香音が今春卒業「福祉にかかわる仕事をしたい」

2016年02月07日 13時45分

卒業を発表した鈴木香音

 ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’16」の鈴木香音(17)が7日、今春にグループを卒業することを発表した。

 鈴木は2011年にモー娘に加入。愛嬌のあるキャラクターで“ズッキ”として親しまれた。2014年の米・ニューヨーク公演では、ファンからグループで1、2を争う大声援を受け、海外での“ズッキ人気”の高さを見せつけた。

 昨年はダイエットに挑戦し、見事成功。直後のシングルではセンターポジションをゲットした。その後のリバウンドも話題となるなど、グループを盛り上げた。

 所属事務所を通じてコメントも発表された。以下全文。

「私、鈴木香音は今年のモーニング娘。’16の春ツアーをもって、モーニング娘。’16そしてハロー!プロジェクトを卒業します。

 加入してから5年がたちましたが、昨年から現在の自分のこと、そして自分の将来について考えることが多くありました。この5年間、モーニング娘。でいる時間の中で多くの方々と出会い、いろいろなことを経験し、生きていく上で大切なことをたくさん学ぶことができました。小さい頃から憧れていたモーニング娘。のメンバーになって、歌やパフォーマンスを届けることでたくさんの人を笑顔にしたい、そう思って活動してきました。どこまでその想いが皆さんに届いたのか分かりませんが、自分なりに精いっぱい頑張りました。

 昨年から将来について真剣に向き合うようになり、幼い頃から『人の役に立ちたい』と思っていたこともあり、自分はこの先何ができるんだろう?と考えました。モーニング娘。での活動はどれも楽しく有意義でしたが、中でも『SATOYAMA movement』『SATOUMI movement』のイベントを通じて触れ合う人たちの笑顔はとても素敵で、自分もこういう仕事ができたらいいな、と徐々に思うようになりました。

 そして、その第一歩として『福祉にかかわる仕事をしたい』という夢に向かうことを決めました。そのためには、人間としてもっと様々な経験や勉強をしていかなければならないと思っています。『モーニング娘。の鈴木香音』ではなく『鈴木香音』として、これからを生きていくために、自分自身の新しい夢を叶えるために、卒業という道を選びました。

 モーニング娘。として活動してきたことを糧として、今まで以上にモーニング娘。としての時間を大切に、そして応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、活動していきたいと思います。

 モーニング娘。’16、そして鈴木香音のことをよろしくお願いします。」(原文ママ)

関連タグ: