モー娘・鞘師 充実のラスト武道館「今までの5年間は人生の宝」

2015年12月08日 21時00分

鞘師里保
鞘師里保

 ハロプロのアイドルグループ「モーニング娘。’15」(リーダー・譜久村聖=19)が8日、東京・日本武道館で「モーニング娘。’15 コンサートツアー秋 ~PRISM~」の千秋楽公演を行った。

 年内いっぱいでの卒業が決まっている絶対的エース・鞘師里保(17)が“ラスト武道館”を迎えた。

 モー娘の単独公演に参加するのはこれが最後。29日発売の60枚目シングル「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」が鞘師にとっては“ラストシングル”になる。

 会場には明石家さんま(60)やユースケ・サンタマリア(44)、指原莉乃(23)からお祝いの花も届いた。

 ライブ序盤のMCで鞘師は「これまで積み上げてきたものを爆発させたいと思います!」と気持ちを込める。「私が一番成長した曲」という「One・Two・Three(updated)」を熱唱。アンコール前には1万人のファンから「鞘師! 鞘師!」と声援が飛んだ。

 最後のMCは「毎回、武道館のステージに立つ時間をすごいことだと思っていた。今日もファンの方と一体感のあるステージを作れてうれしい。私は卒業という大きな決断をしましたけど、今日のステージは未来の私につながるものになりました。今までの5年間、人生の宝だと思ってます。あと3週間、まだまだ、思い出を作りたいと思っているのでよろしくお願いします!」とあいさつ。充実した表情だった。

ピックアップ