アプガ関根梓が涙の絶叫「武道館ライブという夢がある!」

2015年12月06日 18時15分

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」(仙石みなみ=24、古川小夏=23、森咲樹=22、佐藤綾乃=20、佐保明梨=20、関根梓=19、新井愛瞳=18)が6日、東京・港区のZepp Tokyoで「アップアップガールズ(仮) ライブハウスツアー2015 ハイスパート RAVE FESTIVAL~Zepp Tokyo 決戦~」を開催した。

 アップアップガールズ(仮)はアイドル史上初となる「富士山山頂ライブ」を成功させるなど、体力の限界に迫る熱いライブを行う“LIVEアスリート”として注目を集めている。

 この日のライブは2時間ノンストップという超激しい内容。「ENJOY!! ENJO(Y)!!」では、舞台上をロードサイクルで走るなど、普通のアイドルのライブではあり得ないパフォーマンスを連発した。

 アンコールでは、最後の曲から最初の曲までさかのぼって歌う“逆回転”のノンストップミックスで盛り上げた。

 来年4月には1年半ぶりのシングルリリースも決定。関根は涙ながらに「私たちには武道館でライブを行うという夢があります! 負け組とか言われたけど、絶対に生き抜いて見せます」と絶叫し、最後は言葉にならなかった。

 同じ所属事務所には「℃―ute」や「モーニング娘。’15」などハロプログループがいて、関根の「負け組」という言葉もその反骨心の表れ。“雑草魂”はどこまで通用するか。