【アンジュルム武道館】福田花音がリーダー和田にお別れの手紙「2人は磁石のNとS」

2015年11月29日 20時30分

千秋楽公演を行った「アンジュルム」。右から3人目が福田

 ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・和田彩花=21)が29日、東京・日本武道館で秋ツアー「ファーストコンサートツアー2015秋『百花繚乱』~福田花音卒業スペシャル~」千秋楽公演を行った。

 

 グループ初期メンバーの福田花音(20)が卒業の日を迎えた。福田は改名前の「スマイレージ」メンバーとして2010年5月26日にメジャーデビュー。同じく初期メンバーの和田とともにグループを引っ張り続けた。卒業後は「作詞家」としての道を歩む。

 

 ライブでは“福田プロデュース”の企画も行われた。ほかのメンバー8人、それぞれとデュエット。和田とは「ふたりはNS」を歌った。この意味はライブの最後、福田の「お別れの手紙」で明かされた。

 

「あやちょ(和田のニックネーム)のことは正直、最初は『頼りなさそうな子がリーダーなんだろうって』思った。でも、リーダーはあやちょにしかできなかった。あやちょと私は本当に磁石のNとS。真逆なんだけど、なぜか、一緒にいると落ち着いたりします」

 

 そして「いつかアンジュルムが大ブレークする時のヒット曲を、作詞家福田花音が書けていたら幸せだなって思います。いや、絶対にかなえてみせます!」と決意表明。1万人のファンも大きな拍手を送った。

 

 なお、新しくサブリーダーのポジションが設けられ、竹内朱莉(18)、中西香菜(18)が就任することも発表された。

関連タグ: