モー娘激震!卒業発表したエース鞘師里保の“本音”

2015年10月31日 06時00分

卒業を発表した鞘師

 ハロプログループ「モーニング娘。’15」の鞘師里保(17)が29日、年内でグループを卒業することを自身のブログで発表した。鞘師はダンスと歌に優れた“絶対的エース”としてグループを支えただけに、卒業発表にグループ内では動揺が広がった。実は今夏の本紙インタビューでも「卒業」を意識したようなコメントを漏らしていた。鞘師の“本音”とグループの今後は――。

 あまりに突然の卒業発表だった。

 鞘師はブログで卒業を決めた経緯を告白。今年に入り、今後の人生を考えることが多くあり「一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがあるのでは?と思うようになりました」(ブログから抜粋)という。大みそかに行われるカウントダウンライブがモー娘としての最後の活動となり、卒業後は海外留学を予定している。

 ハロプロ全体のリーダーである「℃―ute」の矢島舞美(23)もこの発表を受け、ブログでコメントを発表。「彼女らしい決断。人生経験やスキルアップの為にとても前向きな決断だな。と、私は思います。彼女が安心して帰って来られる環境を作って待っていたいと思います」(同)と背中を押した。

 だが、鞘師卒業の持つ意味はモー娘にとって想像以上に大きい。

「鞘師は現在のグループの柱。野球で言えばエースで4番ぐらいの存在だった。おそらく、所属事務所もパニック状態で、来年以降のグループの形ははっきりと見えていないだろう。また、一からビルドアップしていかないといけない。ある意味で『グループは崩壊した』とも言える」と、あるプロモーターは指摘する。まったく先が見えない状況になった。

 今夏の本紙インタビューでも真面目な一面をのぞかせていた。その時は「モーニング娘。’15と名乗れるのも今年限り。だから時間を大切にできるようになった。1年が終わった時に『ワンファイブ良かったね』と言われるように頑張りたい」と話していたが、既にこの時には卒業を意識し、1人で悩んでいたのだ。

 昨年、グループ復活の立役者である道重さゆみ(26)が卒業後、鞘師にかかる期待は膨らんでいた。同時に負担も大きくなっていた。

 グループをよく知るテレビ局関係者は「鞘師ちゃんは1人で抱え込むタイプ。常に自分の理想を追い求めていただけに、ちょっと疲れちゃった部分もあったと思う。グループでもあまりつるむことなく、よく1人でいて、自分でも『ぼっち』とネタにしていたけど。とにかく真面目で全力で走り続けただけに、どこかで息抜きは必要だった。後から振り返ればベストタイミングの卒業だったというふうになるだろう」とみている。

 鞘師は常々「ライブでは魂を削っている」と話していた。これからのライブはますます鬼気迫るものになるはずだ。