ポッシボー改め“チャオベラ”発進 30代以上のオヤジたちが熱く応援

2015年07月09日 10時00分

ねば~る君と共演したチャオベラの5人

 ハロプログループの「THE ポッシボー」(岡田ロビン翔子=22、秋山ゆりか=22、橋本愛奈=22、後藤夕貴=22、諸塚香奈実=25)が7日、都内でニューシングル「表参道/二子玉川/Never Never Give Up」の発売記念ミニライブを行った。

 結成9年目の5人は、8日からグループ名をイタリア語で「きれいなお嬢さん5人組」という意味の「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名。この日は「THE ポッシボー」として最後のイベントとなった。

 岡田は「改名はみんなで話し合った結果。ファンの方から賛否両論ありましたが、それをひっくり返せるように頑張りたい」。豊満な“爆弾ボディー”の持ち主、橋本は「9年もグループが続いていることがありがたい。これからもグループを続けていきたい」と決意表明した。グループとしての目標は「日本武道館でのコンサート」(岡田)とぶち上げた。

 スペシャルゲストには「ねば~る君」が登場。「新曲が大ヒットすることを願うねばよ~!」とメンバーたちを喜ばせ、ポッシボーと新曲「Never――」でコラボ。激しいダンスに加え、最後は上に伸びて歩き回るパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 これまでは同じ所属事務所のモーニング娘。らの陰に隠れていたチャオベラだが、心強いファンがついているという。

 音楽関係者は「実は彼女たちのファンには30代以上の男性が多い。頑張ってる姿が共感を呼んでいます。グループは“打倒! モー娘”が旗印。実際に現役のモー娘メンバーよりもキャリアが長いですから。そんな“雑草魂”が30代以上の“オヤジたち”の心に火をつけている。メンバーにも大人の色気がありますからね」。改名で一気にブレークしそうだ。