加護亜依DV被害全治10日 夫を傷害容疑で逮捕

2015年06月09日 18時21分

元「モーニング娘。」メンバーでタレントの加護亜依

 元「モーニング娘。」メンバーでタレントの加護亜依(27)の夫・加護陽彦容疑者(47)が、加護を蹴ってケガをさせたとして、傷害容疑で警視庁麻布署に9日、逮捕された。
 
 調べによると、5月12日午前8時ごろ、東京・六本木の自宅マンションで、加護に暴行を加え、全治10日のケガを負わせた疑い。加護自ら警察に通報し、夫は容疑を否認しているという。
 
 この騒動については、一部週刊誌が2週間ほど前に報じていたが、内容は真逆だった。同誌によると、通報したのは夫で「妻がヒステリーを起こして大変なので来てほしい」というものだった。
 
 夫の説明では、同日朝、娘に朝食を食べさせていたところ、あとで顔を見せた妻との間で娘の親権について言い争いに発展。妻が娘を強引に奪おうとして、娘を床に落としたため娘は鼻血を出し、妻がパニックになったので通報したという。
 
 夫婦は昨年10月に夫が出資法違反容疑で警視庁に逮捕(不起訴)されて以降、離婚協議中で、加護は4月3日のブログで「夫と別居し、離婚に向けて協議中であることをご報告させていただきます」と明かしていた。
 
 一方で、5月25日にはこの文言が削除され、関係者の間では「まさかの復縁になったようだ」とも噂されていた。