道重モー娘。卒業 一夜明け「12年間が夢みたい」

2014年11月27日 15時37分

ラストコンサートをブログで振り返った道重さゆみ

「モーニング娘。’14」を26日に横浜アリーナで行われた全国ツアーの最終公演で卒業した道重さゆみ(25)が一夜明けた27日、卒業後初めてブログを更新した。

 

 4月に地元山口のコンサートで卒業発表して以来、「たくさんたくさんたーーーくさん思い出ができました!全てが、、楽しかったなぁ。そして、、あっという間でした…」と振り返る。

 

 ラストコンサートでは足を痛め無念の思いをした。

 

「思ったように踊れなくなってしまってすごぉぉく悔しかったし申し訳なかったし 自分に対してこんなにムカついたことはないくらいにムカつきました」と反省。

 

 それでも「みなさんからの応援と声援と優しさと愛がたくさん届いてきました。しっかりと受け取りました!みんなの愛の力は凄いです。かないません」と“道重節”だ。

 

 今日から「元」モーニング娘。となるが「モーニング娘。を卒業したいまは、正直なんだかまだ夢の中にいるような不思議な感覚です」。

 

「いやむしろ、今が現実で、実際は、モーニング娘。として活動していた12年間の方が夢みたいな出来事です。夢のような時間を12年間も過ごせただなんてっやっぱりさゆみは幸せ者です」と山あり谷ありのアイドル時代を振り返った。

 

 新リーダーの譜久村聖をはじめメンバーにもエールを送る。

 

「フクちゃんなら大丈夫!そして私が卒業した後の新体制モーニング娘。も絶対に大丈夫!だってみんなだもん。みんなかっこいいもん!だいすきだよ」

 

 そして「(在籍した)4329日…本当にありがとうございました」と感謝の言葉で締めた。ブログの最後には「道重終了 今日で燃え尽きました。」「道重再生 また、いつの日か…。」と直筆で書かれたデザインのピンクのクリアファイルを置いた。

 

 道重は無期限休養に入った。

 

 道重のいない芸能界は、ちょっとつまらない…。ゆっくり休んでまた戻ってきてほしい。