乃木坂、キスマイ紅白初出場ならず ゆず、aikoらも外れる

2014年11月26日 15時22分

紅白初出場はならなかった乃木坂46

 大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」の出場者が26日、発表になった。初出場は紅組が「HKT48」、May J.(26)、薬師丸ひろ子(50)、白組はデビュー20周年の「V6」、男女4人組バンド「SEKAI NO OWARI」の計5組となった。

 一方、「内定」報道があったアイドルグループ乃木坂46や「モーニング娘。'14」、常連のゆずが惜しくも選に漏れた。

 乃木坂は今年リリースしたシングル3枚がすべて50万枚以上を売り上げるなど、人気実績ともに十分だったように思われたが、デビュー2年目の悲願はならなかった。


 モー娘はシングルCD5作連続1位になり、有力と見られていたが出場に届かず。海外でも活躍するクールJAPANの旗頭「BABYMETAL」「でんぱ組.inc」の名前はなかった。

 シングル売り上げも好調で、派生ユニット「舞祭組」も人気のジャニーズの“キスマイ”こと「Kis―My―Ft2」は出場ならず。


 ド派手衣装で紅白の“風物詩"とも言われた小林幸子は3年連続で落選。3Dアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」がヒットしたシンガー・ソングライター秦基博(34)やデビュー35周年を向かえ、アルバムも好調の竹内まりや(59)の初出場を予想する声もあったものの、結局実現しなかった。

 31年ぶりの出演が有力視されたサザンオールスターズは、大みそかに横浜アリーナで9年ぶりの年越しライブを開催する。全編生中継するWOWOWとNHKとの調整がどうなるのか?とされていたが、不調に終わったのか、果たして。

 また一部報道があった通り、デビュー翌年の1999年から連続出場してきた浜崎あゆみも15回で途絶えた。浜崎は自身のツイッターで「卒業させていただきます」などとつぶやいていた。

 常連組では5回出場の「ゆず」、12回出場のaiko(39)、15回出場の「DREAMS COME TRUE」の名前もない。昨年紅白で歌ったゆずの「雨のち晴レルヤ」はNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌だった。また、ヒット曲「栄光の架橋」はアテネ五輪のNHKテーマ曲。ゆずのNHK貢献度は高いはずだが…。

 大トリをたびたび務めてきた大御所・北島三郎(78)が昨年で紅白を引退。今年は6年連続でトップバッターを務めてきた浜崎も出場せず、変化を感じる紅白となりそうだ。

関連タグ: