ハロプロ次期リーダーは“アイドル版高倉健さん”

2014年11月21日 11時00分

次期リーダーの矢島舞美

 ハロプロの「℃―ute(キュート)」(矢島舞美=22、中島早貴=20、鈴木愛理=20、岡井千聖=20、萩原舞=18)が19日、都内で26枚目のシングル「I miss you/THE FUTURE」の発売記念イベントを行った。

 歌、ダンス、ルックスの三拍子揃った実力派グループとして将来を期待されている「℃―ute」はこの日、約2000人のファンの前で全5曲を熱唱した。来年6月11月には神奈川・横浜アリーナで初単独ライブを行うことも決定するなど、勢いは急上昇中だ。

 リーダーの矢島は先日、「モーニング娘。’14(ワンフォー)」の道重さゆみ(25)から「自分が卒業した後には、ハロプログループ全体をまとめるリーダーに」と指名された。

 矢島は「ハロプロが大きく変わっている時期。今後はみなさんがびっくりするような感じにしたい」と“次期リーダー”としての決意を語るが、その横で岡井が「私は心配。ウチのリーダーは肝心なところで緊張しちゃうから」と苦笑いした。

 矢島の口癖は、18日に訃報が流れた俳優・高倉健さんではないが「私、不器用ですから」だとか。テレビ局関係者は「彼女は本当に真面目で努力家。なんでも軽くこなせちゃうように見えるけど、『不器用ですから…』と言いながら人の何倍も努力するタイプ」と明かす。

 時にはリハーサルで全力を出し切ってしまい、本番では体力がなくなってしまうこともあるとか。

「でもそんなふうに仕事に全力投球しているところが、ハロプログループ内でも尊敬されている」(同)

 不器用ながら実直に努力を続ける姿は“アイドル版高倉健さん”。道重の後釜、リーダーとして活躍が期待される。

関連タグ: