ヤングモー娘。道重不在の舞台で卒業を一足先に経験

2014年05月02日 16時52分

ミュージカル「リリウム~少女純潔歌劇~」の制作会見を行った「モーニング娘。’14」

 アイドルグループ「モーニング娘。’14」のメンバーが2日、都内でミュージカル「リリウム~少女純潔歌劇~」(6月5~15日・サンシャイン劇場、20、21日・森ノ宮ピロティホール)の制作発表会見を行った。

 

 メンバーらがバンパイアに扮する同作は、吸血種の少女たちが療養するサナトリウムが舞台。少女シルベチカ(小田さくら)の失踪をきっかけに少女たちの残酷な運命が浮かび上がるというゴシック・ミュージカルだ。

 

 モー娘。といえば先月29日にリーダーの道重さゆみ(24)が今秋のツアー終了後に卒業することを発表したばかり。

 

 センターの鞘師里保(15)は「道重さんがいないモー娘。なんて想像できない。(卒業を)メンバーには前日に伝えてもらった。ドッキリかと思って涙も出たが、道重さんが『後輩が頼もしくなってきた』と言ってくれた。半年の間にたくさん学んで力にしたい」と語った。

 

 ユルふわキャラの鈴木香音(15)は「『何年もモー娘。が続けていけるように』と『’14』と道重さんが付けてから1年もたっていないのに。言っている本人が『’15』までいないなんて」と肩を落とした。

 

 道重去った後の“新生”モー娘。でのリーダー最右翼とみられている譜久村聖(17)は「モー娘。には中毒性のある面白さがある。ゴーゴーイェイイェイって感じでやっていければ」と先を見た。