ヤマカン直撃 新作は「今の思いが全部詰まった“遺言”みたいな作品」

2014年01月09日 17時11分

現実でも活動する「Wake Up, Girls!」の目標は紅白だ

 WUG!は今の思いが全部詰まった“遺言”みたいな作品

 ──東スポWebはアニメファン以外のアイドルファンの方も見ています。そうしたファンに見て欲しい部分などはありますか

 

 山本:“アイドルあるある”はかなりの要素を盛り込んでいるのでアイドルファンには是非見て欲しいですね。劇場版を見ていただけるとわかるんですけど、最初WUG!は客がゼロのところからスタートしています。そこからストリートライブをやるんですが誰も見てくれない。Perfume、AKBとかももクロもそうですが、そこからスタートして成功すると感慨深いんですよね。

 

 キャストの方のWUG!も最初はストリートライブからしたかったけど、それはできなかった。実際エイベックスにも相談したんですよ。何とか最初のライブは客ゼロからスタートできないかって(笑)。でも制作を発表した時点で鳴り物入りで宣伝をし、お客がついちゃったんで無理でしたね。その後は粛々と小さいライブ会場でやっていたんですけど、初回からそれが埋まっちゃってうーんどうしようかなと。

 

 ──昨年末に行われたイベントでは日本武道館でライブとの声も上がっていました

 

 山本:大きなライブはもちろんやりたいです。最終的には紅白を狙っているので。みんなには「紅白行くよ」と言ってありますよ。本気で考えています。もちろん出場を狙うためにはいろいろ政治的案件をクリアしないといけないんでしょうけれど、目標は大きい方がいい。声優ユニットが紅白に出たことはないので、その最初を狙いたいですね。

 

 ──作品中は企画の発端である震災にも触れます

 

 山本:震災についてはテーマの一つにしています。やっぱり避けては通れない。ただアイドルアニメで震災を連呼しても面白くないので、あくまでアイドルたちが成長する中で描かれるという必要性の中でやっています。

 

 ──最後に山本監督にとってこの作品はひと言でいうとどういった作品になりますか

 

 山本:ただアイドルが成長しましたよという話だけでなく、一人ひとりの人生をしょって立つ責任感の元でやっているので、結果として今の僕の思いが全部詰まっている“遺言”みたいな作品です。まだ死にませんけど(笑)、遺言を書いたなという気持ちです、今は。遺言ってへとへとにならないと書かないじゃないですか。今はそれだけへとへとだということです(笑)。今の気持ちが詰まっている。この世に言い残したいことです。

(聞き手:Web担当徳重辰典)

 

 ☆やまもと・ゆたか…1974年9月1日生まれ、大阪府出身。京都大学を卒業後に京都アニメーションに入社。「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズ演出としてエンディング「ハレ晴レユカイ」のダンスを手がけて話題を呼んだ。2007年にはアニメ制作会社Ordetを設立。「かんなぎ」「フラクタル」の監督を務めたほか、2010年には実写映画「私の優しくない先輩』」を監督している。