話題のHKT田島芽瑠にモー娘ファン戦々恐々

2012年06月25日 20時55分

 福岡を中心に活動する「HKT48」の超大型新人・田島芽瑠(12)が話題だ。田島は23日に行われた同グループの2期生オーディション最終選考会で仮候補生に合格し、秋元康総合プロデューサーから「第2の松井珠理奈」と最大級の評価を受けたからだ。

 

 このニュースに戦々恐々としているのがAKBのライバル「モーニング娘。」のファンたちだ。田島は昨年5月に行われた同グループの10期メンバーオーディションに参加するも惜しくも落選。そこから実力をつけて今回見事合格を果たしている。田島のこのサクセスストーリーがモー娘ファンたちの過去の〝トラウマ〟を呼び起こすのだ。

 

 ファンが受けた傷とは先日の総選挙で3位に入るなどAKBの看板の一人といえる柏木由紀の存在だ。柏木は06年に行われたモー娘の8期オーディションに参加し、3次選考進出者25人のうちに残ったが、結果は落選。その年12月に行われたAKBのオーディションに合格しメンバー入りを果たすなど田島と重なるところは多い。ちなみにどちらも九州出身だ。

 

 AKB入り後の柏木の活躍は万人の知るところ。テレビや雑誌でその活躍を見るたびに「あのとき柏木がモー娘に入ったら」とファンを嘆かせてきた。田島がスターへと成長すれば、再びモー娘ファンたちに〝トラウマ〟となる可能性もある。

 

 田島のHKTオーディション合格は見方を変えると秋元康とつんくの眼力勝負ともいえる。果たして期待通りの活躍は見られるのか。指原莉乃の加入で注目を浴びるHKTだが、田島の成長にも視線が注がれそうだ。