「遅咲き新人歌手」川北あゆみiTunes総合チャート1位獲得

2013年09月16日 16時36分

 北海道出身の新人歌手・川北あゆみ(年齢非公表)がこのほど、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れ、デビュー曲「祈り星」をPR。同曲は「モーニング娘。」のインディーズデビュー曲「愛の種」を作曲した音楽プロデューサーが曲を、歌詞は川北自ら書いた。

 川北はかつて、モー娘誕生のキッカケとなったテレビ東京「ASAYAN」の札幌オーディションを「親にも秘密で受けた」という。結果はダメで、それに受かった初代モー娘メンバー5人のうち、実に3人が北海道出身だった。「ライバル視はあったのかな。悔しい気持ちは正直ありました」

 だが今回のデビュー曲は、iTunesで総合チャート1位を獲得するなど注目を集めている。「歌手の夢を追っていく中で“ダメかな”と思ったけど、信じて頑張っていこうという気持ちを込めて書いた詞。諦めそうになったときに聴いてもらいたい」。遅咲きの新人歌手は笑顔で話した。

YouTube Preview Image