℃—ute「ライバルはももクロ」

2013年09月06日 11時30分

【℃—uteへの道程:座談会(5)】ライバルはももクロ

 ——℃—uteのライバルは

 岡井:メンバーの人数が5人組で似てるな、ヤバイ(若者用語でイケてる)と思うのが「ももいろクローバーZ」さんですね。

 萩原:ももクロさんはステージが派手、おもしろい演出、激しいダンスと運動能力の高いパフォーマンスが魅力的ですよね。

 中島:会場をひきつける力がすごくあります。まねできないくらい。

 鈴木:ライバルだけど応援したくなる。

 萩原:ももクロさんたちは、テレビでおもしろいことをしゃべれるのがうらやましい。私たちはテレビに出ると緊張してなかなかうまくしゃべれない。

 岡井:テレビ出演の後にすぐに反省会だよね。

 ——ほかに気になるアイドルグループは

 矢島:私たちもアーティストっぽくなりたいなというのもあって、例えば「KARA」さんのようなカッコいいパフォーマンスができればな、と思います。なんていうか、立っているだけでオーラが出ているみたいな。ああいう雰囲気が出ればいいなあと思います。

 ——℃—uteも出ていると思いますよ

 矢島:KARAさんはスタイルがいいし…。

 ——矢島さんもスタイル抜群じゃないですか

 矢島:エーッ!? いや、ダメですよ…。ハロコン(モーニング娘。やBerryz工房らが一緒に出演する)でモーニングさんみたいに10人でフォーメーションダンスしてすごいなと思います。ひるがえって私たち、大丈夫かって、思いますよ。

 ——リーダー、ネガティブになってる

 鈴木:キュートって自分たちの欠点ばかり見えてきて自信なくしちゃうケースが多いんですよ。ハロプロコンサートでも自信を持って、胸張っているときの方がいいパフォーマンスができていると思う。ライバルをどうこう言うより、「私たちが、これが、キュートです!」って堂々としていた方がいいと思う。