アンジュルム竹内朱莉 流行ワード使いコメント力アップ

2019年11月20日 17時00分

元気いっぱいのアンジュルム

 新リーダーの自覚がグループを引っ張っている。「ハロー!プロジェクト」のアイドルグループ「アンジュルム」の新リーダー・竹内朱莉(21)が、予想以上の“高評価”を受けていた。

 グループは20日、新曲「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」をリリース。前日の19日、都内で発売イベントが行われた。“竹内体制”になって初のシングル。「アンジュルムの第2章にふさわしい、成長していく(人の)曲」とリーダーらしく、グループを代表して語った。

 今年は初代リーダーだった和田彩花をはじめ、メンバーが続々と卒業。12月10日には中西香菜、来年3月には船木結の卒業が決まっている。グループ改名前の「スマイレージ」時代からのメンバーである中西は「スマイレージからアンジュルムに改名して、最初はどうかなと思ったんですが、いまでは『アンジュルムが好き』と言ってくれる方もいて良かったなと」と笑顔を見せた。

 複数のメンバーが卒業することで、2代目リーダーの竹内にかかる責任も大きい。リーダー就任直後から苦難に立ち向かわなければならないことを不安視する声もあったが、テレビ局関係者は「竹内さんはリーダーの自覚が出てきましたよ。囲み取材も率先して答えているし、オンエアに乗るためのコメントも考えています」と指摘、成長が見られるというのだ。

 イベントでは大盛り上がりに終わったラグビーW杯にかけて「アンジュルムもこれからは『にわかファン』を増やして『ワンチーム』でいきたい」と流行ワードを使い、グループ認知向上のために頑張っている姿が見られた。

 リーダーになる前の竹内といえば「財布に27円しか入ってません!」と“赤貧キャラ”を売りにしていたが、今後は“強いリーダー”キャラで引っ張るようだ。