カントリー・ガールズ活動休止 山木梨沙は芸能界引退「新たな世界で愛される人間に」

2019年10月18日 22時09分

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」が12月26日に東京・渋谷区「LINE CUBE SHIBUYA」で行うコンサートをもって活動を休止することが18日、所属事務所の公式ホームページで発表された。

 他事務所とのコラボユニット「カレッジ・コスモス」と兼任の山木梨沙(22)は芸能界から卒業する。

◇山木梨沙のコメントは以下の通り(原文ママ)

 いつもカントリー・ガールズを応援してくださってありがとうございます。

 皆さんにご報告があります。

 カントリー・ガールズは、12月26日 LINE CUBE SHIBUYAでのコンサートをもって、活動を休止いたします。

 そして私は、ハロー!プロジェクト及びカントリー・ガールズ、カレッジ・コスモスを卒業、また、芸能界を引退いたします。

 約2年前から私の中で漠然と「卒業」と言う言葉が浮かび始めていました。

 たくさんの先輩や仲間たちが卒業したこと、自分を取り巻く環境が変わったこと、そして20歳を過ぎ、「大人」として見られる機会が増えたことで、より将来について深く考えるようになりました。

 芸能界に入りたかったわけでも アイドルになりたかったわけでもなくハロー!プロジェクトに入りたかった私にとって、ハロー!プロジェクトを卒業することは、この世界を卒業することと同義でした。

 そこでこの気持ちをカントリー・ガールズのメンバーに話したときには、みんなも違う将来を見つめていました。

 メンバー間でも何度も話し合い、そしてそれぞれが会社の方とお話しして、カントリー・ガールズの時を一度止めることにしました。

 カントリー・ガールズとともに過ごした5年間は、私の中で本当に大きな財産です。

 数え切れないほどの思い出ができました。メンバーとなら何でもできたし、メンバーとしか出来ないこともありました。言葉に表せないほど、カントリー・ガールズを愛しています。

 直前の発表となってしまいましたが、メンバーで何度も話し合って決めたこと、そしてそれぞれの夢や目標のための第一歩ということが伝われば嬉しいです。

 これからは新たな世界で、より人間力を高め 人として愛されるような愛のある人間になっていきたいです。

 残された時間は約2ヶ月と短くはありますが、それまで全力で4人で駆け抜けていきたいと思います。

 最後まで、カントリー・ガールズ、カレッジ・コスモス、そして山木梨沙の応援をよろしくお願いします。