アンジュルム勝田里奈が卒業 初ソロ曲を最初で最後のパフォーマンス

2019年09月25日 22時24分

グループを卒業した勝田里奈

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・竹内朱莉=21)の勝田里奈(21)が25日、パシフィコ横浜で行われた秋コンサート「Next Page ~勝田里奈卒業スペシャル~」で卒業した。

 勝田は2009年6月にハロプロエッグ(ハロプロ研修生)に加入。11年に改名前の「スマイレージ」予備軍になると、同年9月28日に発売された7枚目のシングル「タチアガール」の、10月11日のシングル発売イベントで正式にスマイレージメンバー昇格が発表された。

 開始前から、勝田の愛称である「りなぷ~」コールが巻き起こる中、新メンバーの橋迫鈴(13)が加入し、12人体制となって最初で最後の単独コンサートはスタート。「いとし いとしと Say My Heart」で始まると「次々続々」「赤いイヤホン」「泣けないぜ…共感詐欺」と披露。いつものエネルギッシュなステージを、集まった大入り満員4000人のファンにぶつけた。

 アンコールでは勝田の初ソロ曲「とっておきのオシャレをして」をファンに対して、最初で最後のパフォーマンス。自身でデザインした衣装を身にまとい、晴れ舞台で歌い切った。

 MCで勝田は「すごい難しかったんですが、今日が一番調子良かったです」と笑顔を見せた。「このグループで夢のような時間を過ごさせていただきました。ファンの皆さん、アンジュルムを見つけていただいてありがとうございます」と頭を下げた。メンバーたちも必死に涙をこらえ、最後は人気曲「友よ」で締めくくった。

 勝田は今後、タレントとして、ファッション関係の道に進む予定。