デビュー2周年・つばきファクトリー テレビ業界からブレーク間違いなしの声

2019年02月23日 16時30分

デビュー2周年をお祝いするサプライズケーキの前でにっこりの「つばきファクトリー」

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「つばきファクトリー」が22日、都内でメジャーデビュー2周年記念ライブを行った。つばきファクトリーは一昨年2月22日にメジャーデビューした。ライブ前の取材ではサプライズでケーキが運び込まれ、「かわいい!」とメンバー全員が笑顔を浮かべた。リーダーの山岸理子(20)は「イェーイ!」とノリノリだ。

 27日には5枚目の両A面新シングル「三回目のデート神話/ふわり、恋時計」のリリースが控えている。今年をさらなる躍進の年にしたいということで、岸本ゆめの(18)は「必ず誰かの『好き』に引っかかるグループだと思うので、一度、会いに来てください!」と訴える。

 新沼希空(19)が「これから私たちも3年目でグループとして一番大事な年になると思うので、もっと飛躍できるようにこの曲で頑張りたい」と意気込めば、サブリーダーの小片リサ(20)は「これからももっといろんな夢を持って頑張りたい」と力強く語った。

 そんなつばきファクトリーにはテレビ業界から“熱視線”が送られている。「デビュー当時と比べても格段にステージングはアップしました。クールそうに見えて、熱い魂を持っているので、そのギャップがウリです」とはテレビ局関係者。

「今年間違いなくブレークしますよ。あとは、ステージ以外の部分を強化すればさらに完璧。例えば、トーク力。1人が話している時にみんなで盛り上げる『ワンフォーオール、オールフォーワン』の精神があれば、バラエティーでもいける」(前出関係者)

 つばきファクトリーはこの日から春ツアー「ライブツアー2019 春・爛漫」をスタート。日本レコード大賞最優秀新人賞獲得のグループが本格化の兆しだ。

関連タグ: