「Juice=Juice」宮本佳林アイドルの枠を超えた!自ら命名の写真集「覚醒」に込める思い

2018年12月01日 16時30分

写真集を発売した宮本佳林

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」の宮本佳林(20)が30日、東京・新宿区のブックファースト新宿店で写真集「覚醒―KAKUSEI―」の発売記念イベントを行った。

 宮本は「Juice――」のエースとして、グループをけん引する存在。タイトルについて宮本は「初めて自分でタイトルを付けた作品で1時間ほど悩んで考えました。覚醒した自分自身を見せていきたい気持ちがあります」と説明する。

 12月1日には20歳の誕生日を迎え「初めてのお酒は?」と聞かれると、「お酒を飲んだら、どういうふうになるのか、自分でも分からないし怖いので、初めてのお酒は両親に見守られながら飲んでみたいと思います」と話した。

 写真集の出来については「果汁100%の“つぶ”たっぷりな感じです」と中身の充実ぶりをアピールしたが、その充実ぶりが“大人の色気”になって同写真集にも表れている。なんと、アイドルの枠を超越したセクシーな水着ショットや部屋着ショットが満載で「私自身も『こんなにあっていいのかな?』と思っていました」と照れ笑いするほどだった。

 テレビ局関係者は「佳林ちゃんはとってもプロ意識の高い子で、完璧を目指すタイプ。食事にも気を使っていて、ライブで地方に行っても、その土地のおいしいものも、我慢する」と明かす。宮本自身も「次回の写真集ではさらに美しさを増したいですね!」と大胆に宣言した。

 この宮本のフェロモン覚醒は、グループにとってもプラスだという。

「もともとグループの実力は『ハロプロナンバーワン』とも評される。これに大人の色気が加わった宮本の覚醒がグループにさらなる好影響を及ぼすのは間違いない。ファン層も拡大しますからね」と前出局関係者。来年のグループ躍進が楽しみだ。

関連タグ: