“恋愛OK”なアイドルグループ結成 「カレッジ・コスモス」に“ももちイズム”

2018年10月04日 16時30分

お披露目された「カレッジ・コスモス」

 現役女子大生25人で結成された新アイドルグループ「カレッジ・コスモス」が3日、都内でお披露目された。

 同グループは、芸能事務所「スペースクラフト」が各大学のミスコンのファイナリストを中心につくった「キャンパスクイーン」というユニットの中から選抜されたメンバーによって新たに結成され、来春CDデビューする予定だ。また、モー娘などの「ハロー!プロジェクト」グループが所属する芸能事務所「アップフロント」が全面協力し、ハロプロの「カントリー・ガールズ」から山木梨沙(20)も加わり活動する。

 会場ではデビュー曲「言葉の水を濾過したい」(配信スタート)をパフォーマンス。同曲でダブルセンターを務める中央大学法学部4年生の松井まり(21)は「初パフォーマンスということで緊張しました!」と初々しさを見せる。

 もう1人のセンター、慶応大学商学部3年生の山木は「大学と両立しながら、得た知識を身に付けて、知性派アイドルユニットとして活動していきたいと思います!」と話した。

 従来、アイドルグループは「恋愛禁止」の暗黙ルールがあるが、同グループにはないという斬新さ。まだまだ、駆け出しだけに、成長していかなければならない部分は多そうだが、テレビ局関係者は「山木さんが『アイドルに大事なイロハをグループに教えてくれるはずですよ」と指摘する。

 山木は「カントリー――」で、プロ中のプロアイドルと称された“ももち”こと、嗣永桃子(現在は芸能界を引退)から、アイドルに必要なことをすべて学んだ愛弟子とも言える存在。「アイドルとしての振る舞いやコメント力など、山木さんに任せておけば大丈夫。恋愛OKとのことですが、ももちイズムを受け継いだ山木さんなら『ファンが恋人』と教えるはず」(前出関係者)。ファンもひと安心だ。

関連タグ: