吉澤ひとみ被告27日にも保釈 自動車運転処罰法・道交法違反で起訴

2018年09月27日 11時30分

吉澤ひとみ被告

 酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こした元「モーニング娘。」リーダー・吉澤ひとみ容疑者(33)が26日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で東京地検に起訴された。27日にも保釈される。

 吉澤被告は6日午前7時ごろ、東京・中野区の山手通りで、酒気帯び状態で乗用車を運転。赤信号を無視し、JR東中野駅前の交差点に進入し、自転車に乗って横断中だった20代女性をはねた。吹っ飛ばされたその女性と接触した男性にもケガを負わせたにもかかわらず、その場から逃走したとして逮捕された。

 吉澤被告は事故の約15分後、自ら110番し現場へ戻った。呼気検査で基準値の約4倍に当たるアルコールが検出された。吉澤被告の車のドライブレコーダーには制限速度を26キロオーバーの時速86キロで交差点に突っ込んでいたことも判明した。

 起訴を受け、吉澤被告の弁護人は26日、東京地裁に保釈を請求。27日午前にも吉澤被告は保釈されるとみられている。

 勾留先の警視庁原宿署前には保釈請求を受け、26日には多くの報道陣が集結したが、午後4時50分すぎ、副署長が「今日の保釈はない」。報道陣は肩透かしを食らった格好となった。