高岡早紀の元内縁夫を詐欺容疑逮捕 有名人妻と別れた男の末路

2018年06月16日 11時00分

元“内縁夫”の逮捕でとばっちりの高岡

 元ダンナがダメすぎる! 飲食店で知り合った女性から現金700万円をだまし取った疑いで、警視庁は自称・経営コンサルタントの村田晴彦容疑者(51)を詐欺容疑でこのほど逮捕した。実はこの男、女優・高岡早紀(45)のかつての“内縁の夫”で、高岡との間に長女をもうけている。思い返せば、3月には元「モーニング娘。」の加護亜依(30)の前夫が、そして先月末にはTBSの木村郁美アナウンサー(45)の前夫が、それぞれ詐欺容疑で逮捕された。なぜ別れた後に転落してしまうのか――。

 別れた女房を泣かせっぱなしだ。警視庁が詐欺容疑で逮捕した村田容疑者は2012年11月ごろ、客として訪れた飲食店の従業員だった女性に「知人の資金が凍結されてしまった。1週間から10日くらいで必ず返すので、資金を用意してほしい」などとうそを言い、現金約700万円をだまし取った疑いが持たれている。

 村田容疑者は「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているが、警視庁は余罪があるとみて捜査している。

 村田容疑者は“フェロモン女優”高岡早紀の“内縁の夫”だったことで知られる。高岡は元俳優・保阪尚希と04年に離婚後、09年ごろから村田容疑者と交際。入籍はしていないものの、事実婚状態で、10年には長女を出産している。

 しかしその後、村田容疑者の金銭トラブルが発覚。高岡を広告塔に「美容に良い“プラチナ飲料水”」の販売を手掛け、出資者から1億円近い金を集めたが、そのまま持ち逃げしたと報じられた。

 高岡の母を代表としていたこの会社は12年に破産。出資者から損害賠償請求訴訟を起こされるなど、高岡の家族を巻き込むトラブルとなったこともあり、村田容疑者との内縁・事実婚関係も解消となった。逮捕容疑の事件はまさにこの年に起きていた。

「当時の村田容疑者はイケイケで、高岡さんに高級車をポンとプレゼントするほど羽振りが良かった。しかし会社の破綻で人生が暗転。あちこちから金を借りており、今回発覚した事件は氷山の一角にすぎないという話もある」とはテレビ関係者。

“元内縁の夫”とはいえ、逮捕のニュースは高岡にとってはいい迷惑だ。

 同様のパターンでいえば、元モー娘・加護も同じ。3月に前夫が、12年に知人に東京ディズニーランドの関連施設の会員権購入を持ち掛け、現金400万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕された。調べに前夫は「記憶にありません」と否認していた。

 また、TBSの木村アナの前夫でプロテニスプレーヤーだった杉澤修一氏も、プロ野球球団のグッズ製作を知人男性に持ちかけ、現金およそ2億円をだまし取った詐欺容疑で先月末に逮捕された。こちらは警視庁が認否を明らかにしていない。

 全員がえたいの知れない実業家風で、同じ詐欺容疑での逮捕。これが意味するものとは――。

「3人とも婚姻中、もしくは内縁関係にあった時には有名人である妻の名前を最大限に利用して、ビジネスを展開していた。妻が有名人だと相手も信じ込みやすい。しかし、別離したらそうはいかない。もともと実業家としての知識もなければ、ノウハウもない連中。行き着く先は詐欺師で、他人から金をだまし取るしかない。“嫁パワー”がなくなったことが転落の始まりだろう」(捜査関係者)

 元嫁としては、たまったものではないが…。