フランス公演を控えたアンジュルム 和田彩花が出した“お達し”とは

2018年05月29日 16時30分

アンジュルムリーダーの和田彩花

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・和田彩花=23、竹内朱莉=20、勝田里奈=20、中西香菜=20、室田瑞希=19、佐々木莉佳子=17、上國料萌衣=18、笠原桃奈=14、船木結=16、川村文乃=18)が28日、東京・日本武道館で春ツアー「アンジュルム コンサートツアー2018 十人十色+ファイナル」千秋楽公演を行った。

 6月にはフランス・パリ公演を皮切りに韓国、香港、台湾と海外ツアーを控え、勢いを増すグループが、そのパワーを見せつけた。

 新曲「泣けないぜ…共感詐欺」を皮切りに、未発表の新曲「夏将軍」も披露。爽やかなサマーチューンで会場に一足早い夏の雰囲気を呼び込むと、その後は「ドンデンガエシ」「大器晩成」などで熱気も最高潮。

 和田は「10人態勢で初の武道館でしたが、この態勢になって1年近く。濃密なグループになりつつあります。これからも最高のアンジュルムを見せていきますので応援よろしくお願いします!」と頭を下げた。

 同公演を終え、6月3日にはフランス公演を迎えるが、和田は他のメンバーに「フランスのオルセー美術館では絶対に私に話しかけないで!」と“お達し”を出しているという。

 実は和田は美術愛好家で、中でも特にフランス印象派の先駆けとされるエドゥアール・マネのファン。オルセー美術館にはマネの代表作「オランピア」が展示されていて、それを1人で堪能したいというのだ。

「和田さんは美術作品をめでることでインスピレーションやパワーを得ているそう。もしマネの絵を鑑賞している時に和田さんに話しかけると、相当なカミナリを落とされるかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 メンバー以外も気を付けたほうがいい?

関連タグ: