元モー娘・田中れいな「今の野望は芝居と歌を続けること」

2018年05月17日 20時44分

野望を明かした田中れいなと彦摩呂

「モーニング娘。」の元メンバーで、ガールズバンド「LoVendoR(ラベンダー)」の田中れいな(28)、グルメリポーターの彦摩呂(51)が17日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で舞台「信長の野望・大志 春の陣〜金泥の首編〜」(同所で28日まで)の公開ゲネプロを行った。

 言わずと知れた大ヒットゲームの完全舞台化。織田家、朝倉家それぞれの視点で2つの物語が作られ、交互に上演される。

 お市の方を演じる田中は「普段の私と違って、感情を出さないようにするのが難しくて、すべてに苦労した。地味すぎないかと悩んで、試行錯誤して役作りをした。それと歌い方を工夫しているので、ぜひ劇中の私の歌を聞いてほしい」とファンに呼びかけた。

 そして、自身の野望を尋ねられると「モー娘で私の夢はかなった。今は芝居と歌を続けるのが野望かな。舞台に出ると新しい知識が増えて、ライブの歌い方、表現の仕方が変わってくるので」と話した。

 また、彦摩呂は「食リポは短いコメントが喜ばれるが、舞台はたくさんセリフを覚えなければならず大変」と苦労を語る一方、「僕の野望は日本のグルメリポーターを全部殺すこと。僕の独占企業でやりたい」と物騒なコメントで、グルメリポーター戦国時代を生き抜く心構えを明かした。

 舞台には鶏冠井孝介(31)、小西成弥(23)、笹木香利(27)のほか、「でんぱ組.inc」の成瀬瑛美(年齢非公表)も出演しており、秋には続編の上演も決まっている。