“カープ女子”菜乃花 赤いビキニでベテラン・新井にエール

2018年05月05日 17時51分

菜乃花

 I乳グラドル・菜乃花(28)が5日、都内で3冊目の写真集「ICHIZU」(秋田書店)の発売記念イベントを行った。

 撮影は1月末~2月初めにかけて台湾で行われ、お気に入りは街の中でセクシーな衣装を着たショット。「街を徘徊しているシーンです。街並みが写って、台湾っぽさを一番感じられます」。また、温泉で撮影したものは「体や角度で隠していて、一糸まとわぬ状態です」という。

 笑顔で撮影を振り返ったが、実はこの時の台湾は寒波の影響で、ものすごく寒かったという。お気に入りとして挙げた街での一枚も、実は大変な思いをして撮っていた。

「街を歩いている人はみんなコートやダウンを着ていましたが、私は薄い布だけ。めちゃ震えて、唇が青くなって、グラビア人生で初めて『一回温まっていいですか?』と中断させてもらったぐらい寒かったです」

 台湾ならではの事情で、室内も寒かった。「暑い国だから部屋は風通しが良くなっていて、暖房器具がない。ホテルの部屋もずっと寒くて、室内の写真もカイロを抱きしめて撮ってました。ギリギリ頑張って笑ってます。その頑張りも見てもらえば」

 広島県出身で“カープ女子”としても知られ、この日は新井貴浩内野手の背番号入りユニホームと鯉のぼりを持参。水着もカープを意識した赤だ。

 今シーズンについては「ギリギリの勝利や相手のミスで勝っている試合も多い。調子がいいかといえば、そんなことはないと思います。丸(佳浩)ちゃんがけがをしたり、鈴木誠也の調子も出ない。若手が活躍してなんとか勝っているけど、全然ゲーム差がないし、これからどうなるかわからない」と危機感いっぱい。「丸ちゃんと新井さんが戻ってきて、調子がいい中村祐太君に頑張ってほしい」と願いを込めた。

関連タグ: