有村藍里が女優デビュー 母親は「姉妹で共演してくれたら最高」

2018年03月19日 18時01分

美容アプリの記念イベントに登場した有村藍里

 人気女優・有村架純(25)の姉でグラビアアイドルの有村藍里(27)が19日、都内で行われた生理周期連動型美容アプリ「ルナリッタ」の1周年記念イベントに出席した。

 本紙が3年前に2人の姉妹関係を報じたことをきっかけに、藍里は劇的な知名度アップに成功。昨年独立して「新井ゆうこ」から本名に改名し、バラエティー番組などで快進撃を続けている。

 そんな藍里が今回、ついにネットドラマで“女優デビュー”を飾る。「妹に『どうやってセリフ覚えるの?』と聞いたら『長くやっていたら自然に入ってくる』と言われた。音声を録音して聞いたり、文字で書いたりして覚えている」

 続けて「芝居の経験は少ししかないけど、今後もチャンスがあれば何も気にせず新しいことに挑戦したい。根暗と言われるので、ホラーのお化け役なんかどうか。暗さがうまく出せるかも。母は『姉妹で共演してくれたら最高だね』と言っている」と笑顔を見せた。

 中学の時は引きこもりがちで、芸能界にデビュー後も「『私なんかがテレビに出たら悪いな』と余計なことばかり考えて、一歩踏み出す勇気がなかった」という。だが、改名をきっかけに吹っ切れた。

 意外にもちまたで言われているほど、妹を意識することはない。「姉妹と知られてから、姉と見られることが多くなったが、特に姉妹のコンプレックスはない。それより、自分自身が人見知りで自信がなく、社会になじめていないというコンプレックスがある」

 同居している時はよく服の貸し借りでケンカしていたが、今は離れて暮らし、絆がより深まった。「妹の作品はよく見ている。特に『ビリギャル』はおえつが出るくらい泣いて、家族に笑われた。妹をとても尊敬している」。妹に負けない女優に成長できるか。