“美魔女”岩本和子 美ボディー維持の秘訣は「正しい姿勢」

2018年03月08日 13時20分

“美魔女”モデルの岩本和子(42)が初のイメージDVD「開放区」をリリース。このほど都内で発売イベントを行った。

 ベージュの水着にボディーストッキングというヌーディーな装いで会場に現れた岩本は「限りなく全裸に近くしてみました」とニッコリ。自慢のボディーラインを余すことなく見せつけた。

 同作はパリで撮影。「パリだったら大胆な作品もいいかな」の願いがかなって実現した。ホテルや街並みなど日本と異なる環境でタイトル通り自身を“開放”。予想以上の寒さで「乳首がたちっぱなしでした」と振り返った。

 今作を「プレヌード」と位置づける岩本は、ドバイで撮影したヘアヌード写真集を5月に発売するという。撮影地のランクが上がるごとに開放度もアップ。取材陣に「次の撮影するなら?」と聞かれると「キューバとかロシアとか、誰も撮影していない国に行きたい」と話した。

 岩本は2012年の「第3回国民的美魔女コンテスト」でファイナリストになり、その後39歳でグラビアデビューを飾った。美ボディーをキープする秘訣を聞かれると「立つときも座るときも、姿勢を真っすぐに保つこと!1日8時間は正しい姿勢をキープしています」と、スレンダーな肢体をアピールした。

関連タグ: