乃木坂46「ヤンマガ」“ジャック”巻頭&センター&巻末グラビアを占拠

2017年12月11日 06時00分

「ヤングマガジン2・3合併号」で表紙&巻頭グラビアを飾る乃木坂46・生田絵梨花(左)、齋藤飛鳥(C)矢西誠二/ヤングマガジン

 アイドルグループ「乃木坂46」が11日発売の「ヤングマガジン2・3合併号」(講談社)を“ジャック”した。

 国民的アイドルグループ「AKB48」の公認ライバルとして誕生した乃木坂46。今や飛ぶ鳥を落とす勢いで、3月に発売した17枚目のシングル「インフルエンサー」が初ミリオンを達成すると、続く18枚目の「逃げ水」もミリオンヒットを記録。11月に行われた初の東京ドーム公演では2日間で10万人を動員した。メンバーの個人写真集も軒並みヒットしている。

 そんな乃木坂がヤンマガの表紙と巻頭&センター&巻末グラビアに登場。「X’masスペシャルグラビアジャック」と称してヤンマガを占拠した。

 まず表紙&巻頭グラビアを飾ったのは、生田絵梨花(20)と齋藤飛鳥(19)。「ふたりの聖夜」と題して、クリスマスカラーの“双子コーデ”や純白ミニワンピース姿でキュートさ全開ショットを披露している。

 センターページには1期生の3人が登場。星野みなみ(19)、秋元真夏(24)、桜井玲香(23)が、女子会を開催。ふんわりしたかわいい衣装で登場し、大躍進した一年をそれぞれ振り返った。

 そしてトリの巻末グラビアでは“2期生3姉妹”鈴木絢音(18)、寺田蘭世(19)、堀未央奈(21)が登場。寺田はざっくりスリットの入ったチャイナドレス、堀はミニスカのサンタコスチューム、鈴木は大人っぽいシースルードレスと、三者三様のパーティースタイルで聖夜を盛り上げている。

関連タグ: