正月太りのグラドル「バストは過去最大」

2013年01月25日 16時00分

正月前まではほど良いぽっちゃりだったが…

 普通は、せいぜい1~2キロ程度だろうが…。品川スキンクリニックが20~50代の女性800人を対象に「正月太り」に関する実態調査を実施した。「今年のお正月に“正月太り”をしましたか?」と質問したところ、388人と約49%の女性が「正月太りした」と実感しているとの結果が出た。

 

 原因のトップ3として挙げられたのが「食べすぎ」と「運動不足」と「餅」。その誘惑に負けたのは何も一般女性だけではなく、本来は体が商品であるグラビアアイドルにも当てはまる。かつて「日テレジェニック」にも選ばれたグラビアアイドルの水樹たま(27)の場合――。

 

「正月は毎日餅を10個食べ、夜はケーキ。大好物のベビーカステラも60個食べました」と荒れた食生活を繰り返し、体重が5キロ以上激増。ちなみに、アンケートでは5キロ以上増えた女性は388人中1人だけだった。

 

 もともとぽっちゃり体形とJカップバストで人気を得ていた水樹。マネジャーは「新年会で中華のフルコース食べた後に一人で焼き肉を食べに行ったのを見て、これはあかんと思いました」と正月から止まらぬ食欲に頭を抱えている。

 

 増量により「バストは過去最大。ビキニに収まりきらないくらい」までボリュームアップ。全体的に水着からはみ出す肉も増え、よりいやらしくなった感もある。

 

 水樹本人はダイエット宣言するも「ネットでは『生々しい』『このくらいの体がエロい』と評判なんです。今日のお客さんからも『やせたら買わない』と言われた」と、ぽっちゃり好きの支持もあり、どこか人ごとだ。来週には海外でのDVD撮影が行われる。

「先週、衣装合わせがあったんですが、あまりに体形が変わっていて、監督を困惑させていた。これ以上太ると、どうやってもごまかせないので、必死にダイエットさせています。でもファンの方はお菓子をどんどんプレゼントでくれて…」(マネジャー)

 正月太りを後悔するどころか、新境地を開拓するたくましさは、見習うところがあるかもしれない。