グラドル来栖あこ K乳は悩みだらけ「電車でドアにおっぱいが挟まれそうに」

2017年09月24日 14時04分

悩みを明かした来栖あこ

 Kカップグラビアアイドル・来栖あこ(25)が24日、都内で2枚目のDVD「Knock Out K Body」の発売記念イベントを行った。

 春にバリで行われた撮影は「暑かったけど、すごい楽しかった」。みどころは白い水着で浮き輪でプールに浮かぶシーンといい「結構(胸が)たわわしてる。小さめの浮き輪をはめてみたら、自分では身動きが取れなくなった。スタッフさんに後ろから押してもらって、プールで撮影を行った」と裏話を明かした。

 初DVDの発売記念イベントでは、Kカップという超グラマラスボディーの持ち主であることから、友達が増えたというエピソードを明かした。巨乳で得をしたわけだが、必ずしもいいことばかりではない。

 この夏、プライベートで宮古島のビーチを訪れた際は「DVDよりは大きめの水着を着ていたが、どうしても胸があふれてしまう。普段は隠し気味で、実際は“乳損”ばっかりです」。

 また、ナイトプールへ遊びに行った時には「カップルで来ている暇そうな男子に『おい、見て見ろよ!』と言って見られた」と、どうしても水着姿になると目立ちすぎてしまう。

“乳損”はほかにもあるそうで「満員電車では、ドアにおっぱいが挟まれそうになる。駅員さんが押してきたら、それは痴漢ですよね」と苦笑いしながら悩みを明かした。