元「Dream5」大原優乃 カラフルビキニで“ドリームボディー”披露

2017年09月16日 08時00分

「ヤングマガジン42号」で表紙&巻頭グラビアを飾る大原優乃(c)LUCKMAN/ヤングマガジン

 元「Dream5」のメンバー大原優乃(17)が、16日発売の「ヤングマガジン42号」(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。若さはじけるセクシーショットを披露している。

 大原は、同グループがリリースしたアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌「ようかい体操第一」で一世を風靡し、NHK紅白歌合戦に出場するなど大ブレーク。グループは昨年末で解散したが、ティーン向けのファッション誌の専属モデルのほか、舞台を中心に女優としても活動している。6月には週刊誌でグラビアデビューを飾り、予想外のセクシーボディーが大きな話題を呼んだ。

 同誌で初めて表紙を務める今号では、数種類のカラフルなビキニ姿やティーンらしい制服ショットを披露。はじける若さとFカップバストの“ドリームボディー”から目が離せない。

 また、巻末グラビアにはHKT48指原莉乃(24)がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」の高松瞳(16)、大場花菜(17)、佐竹のん乃(18)が同誌初登場し、初々しい水着姿を公開している。

関連タグ: