ミス東スポ2016・藤井奈々が芸能界引退「普通の女性として家族の為に生きていくことにしました」

2017年09月01日 18時31分

芸能界引退を発表した藤井奈々

「ミス東スポ2016グランプリ」に輝いた女優の藤井奈々(25)が1日、自身のブログで芸能界引退を発表した。

 藤井は「ご報告」のタイトルでブログを投稿。「本日9月1日 アドヴァンスプロダクションとの契約期間が満了になりました。これをもちまして、5年間の芸能生活を引退することを決めました」と報告した。

 小学校のころから女優に憧れていた藤井は20歳で大学をやめて芸能界入り。グラビアやお掃除ユニット「CLEAR’S」のメンバーとして活動し、「ミス東スポグランプリ」受賞後は舞台など活躍の場を広げていた。

 藤井は「事務所が決まり、最初は何も分からずグラビアを始めて、気がついたらグラビアアイドルになっていました。それでも、目標があったので頑張れました。マネージャーに、アイドルグループ『CLEAR’S』の新メンバーオーディションに連れていかれて、メンバーに入りました」と当時を振り返り、「5年間やってきて、これ以上続けることにだんだん、心がついていかなくなってきたのも事実です」と心境をつづった。

 引退の理由については、芸能活動を応援してくれた父親が倒れたことで「家族の為にも芸能のお仕事を続けられなくなりました。これからは、普通の生活に戻り、普通の一人の女性として家族の為に生きていくことにしました」と明かした。

 これまで支えてくれたファンに感謝し「みんながいたから、今の私があります。藤井奈々を応援していてよかったと、思ってもらえる人間になれるようにこれからもがんばっていきたいと思います。今まで本当にありがとうございました」と締めくくった。