森咲智美 グラドル仲間もビックリ!あり得ない極小水着でイベント登場

2017年07月16日 13時40分

過激な水着で登場した森咲智美

“今、愛人にしたいグラドル”森咲智美(24=T160・B89・W58・H88)が15日、都内で行われたオーディション「グラビア超逸材発掘オーディション」の記者発表に出席した。

 

 愛知発のアイドルユニット「OS☆U」に所属していたが、本格的にグラビア活動を行おうとグループを卒業。オーディションを主催する芸能事務所「リップ」に所属した。「アイドル時代はお世話になりましたが、東京に来て活動の場が広がったし、今のお仕事は楽しい。自分の選択は間違っていなかった」

 

 この日は、グラビア撮影に慣れた取材陣が驚きの声を挙げるほどのセクシー衣装で登場。イベントに出席した橋本梨菜(23)、葉月あや(26)、桜井えりな(24)、☆HOSHINO(22)らも思わず「それは水着なの?」「乳首がない」。バストトップを極小の布で覆うだけながら、森咲は「水着です」とキッパリ。

 

 ファンの年齢層が高いことから“今、愛人にしたいグラドル”のキャッチフレーズがつき、人気も上昇したが「まだまだ私を知らない方が多い」と知名度アップに余念がない。

 

 8日放送の日本テレビ系「有吉反省会」では、SNSで世間をざわつかせている人を呼び出す企画「反省パトロール」に、谷間どころか脇からポロリしそうなセクシーなTシャツ姿で登場。HKT48・指原莉乃(24)から「頭おかしすぎる」とあきれられたが「ネットでの反響がすごかった」と喜んだ。

 

 目標は“国民の愛人”のキャッチフレーズで知られる橋本マナミ(32)とあって「要望があれば、どこまでもいきます! ポスト橋本マナミさんとして、グラビア界を盛り上げる存在になりたい」と過激路線を突っ走るつもりだ。