“月9初出演”佐野ひなこ 3年間の体形変化「楽しめた」

2016年06月18日 05時00分

佐野ひなこ写真集「ひなこ、水着、3ねんぶん」から

 桐谷美玲主演の7月期フジテレビ系新ドラマ「好きな人がいること」で“月9”初出演する佐野ひなこ(21)が、デビューから3年間の「グラビアの軌跡」を一冊にまとめた。

 2013年7月13日発売号「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビュー。当時、19歳の誕生日を3か月後に控えた18歳だった。その後、発売された15回の表紙、24本のグラビア(週刊ヤンマガ、月刊ヤンマガの合計数=16年6月18日)に未公開の水着カット、さらに今年5月にハワイで撮影した最新撮りおろしを加えた写真集「ひなこ、水着、3ねんぶん」(講談社)が7月25日に発売される。

 表紙はヤンマガ初登場の表紙をセルフカバーし再現したもので、佐野も「今までの未公開カットが山ほど! 3年分の表情や体形の違いを自分でも楽しめた」。

 所属ホリプロのプロフィルによれば、佐野の3サイズはB84・W51・H83。しかし、今年4月28日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「ダウンタウンDX」でウエストが49センチになったことを報告。エステサロンに3か月通い続けて50センチを切ったという。

 最新写真が5月撮影ならウエストも「40センチ台」のまま! 佐野の10代、二十歳、そして超クビレの21歳の体形変化を見逃す手はない?

関連タグ: