ラブホ動画流出騒動の高崎聖子が事務所退社

2016年01月30日 12時37分

事務所を退社した高崎聖子

“援交動画”流出騒動で「日テレジェニック2015」を辞退したグラビアアイドルの高崎聖子(22)が31日をもって、所属事務所「ホットラインプロモーション」を退社することが分かった。30日、同事務所のホームページで発表された。

 

【写真】豊満なGカップで人気だった高崎聖子

 

 発表では「この度、弊社に所属しておりました高崎聖子は2016年1月31日付けをもちましてホットラインプロモーションを退所することになりました。今までの応援、誠にありがとうございました」と高崎の退社を報告。高崎の公式ブログにも同様の文章が掲載されている。

 

 高崎は昨年9月に日テレジェニック2015に選ばれたが、同月21日に男性とラブホテルに入る動画が流出。ブログでは「あの動画とSNSのやりとりは捏造されたものです」と釈明していたものの、10月2日に所属事務所が日テレジェニックを辞退することを発表。ここ最近は芸能活動を行っていなかった。