Iカップグラドル鷹羽澪 テラハ出演格闘家と結婚していた

2016年01月19日 18時03分

芸能界を引退し結婚していた鷹羽

 Iカップグラビアアイドルの鷹羽澪(22)が昨年末に格闘家の羅王丸(30)と結婚していたことが19日、分かった。鷹羽は既に芸能界を引退しており、所属していた事務所の社長も本紙の取材に結婚の事実を認めた。

 

 鷹羽はT162・B99(I)・W60・H90の日本人離れしたボディーを武器に人気グラドルとして雑誌やDVDなどで活躍していた。

 

 しかし昨年7月に突然ブログが閉鎖され、その後プロフィルが事務所のホームページから削除。その後の足取りについては分からず、ネット上では“女優・高部あいと同じく薬物で捕まった”“高崎聖子と親友で一緒に愛人をしていたから事務所をクビになった”などさまざまな臆測が飛び交っていた。


 こうした噂について鷹羽の所属事務所社長は、あきれながら「ネットはほんとしょうもない。事務所の社長の子供を妊娠したとか書かれているけど、全部うそですよ。昨年に芸能界を卒業して、今は結婚してます」と結婚の事実を明かした。

 

 気になるお相手はキックボクシング「RISE」ヘビー級で活躍する格闘家の羅王丸。フジテレビ系「テラスハウス」に出演した元キックボクサーのDyki(25=当時・宮城大樹)の親友として同番組に準レギュラーとして出演していた。

 

 鷹羽がグラドルとして活動しているころから交際しており、そのときに事務所社長とも面会したという。

 

「ダメな男だったら殴ってやろうと思ってたけど、ヘビー級だし見た瞬間、こっちがやられるなと(笑い)。実際はまじめで礼儀正しい男の子で、でかい体を軽自動車に押し込んできてやってきました。付き合うのは仕方ないけど、グラドルとしてやっている時に妊娠されては困るので、避妊はしろとは言いました」

 

 鷹羽は7月に休養しているが、もともと結婚のためではなく「DVDは売れていたんですけど、グラビアだけでは芸能界は難しい。社会人経験のない子なんで『一回、一般社会を見て勉強してこい』と言いました」と社会勉強のためだった。

 

 復帰後はバラエティー展開を考えていたが「休養中に、鷹羽から『結婚したい』と電話が来たので、じゃあ復帰は考えないようにしようと。円満退社ですね。さっきも鷹羽に電話しました(笑い)」(前述の社長)。

 

 昨年12月20日には披露宴が行われた。

 

 羅王丸の公式ブログには式の写真が掲載されており、ウエディングドレスを着て幸せそうな鷹羽の姿も写っている。