【完全版】今年もやります「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」

2015年12月25日 20時00分

“奇跡の43歳”中川祐子など今年は30歳以上の美女がグラビアで活躍(DVD「Into the mystic」から)

「本屋大賞」「CDショップ大賞」などエンターテイメント商品にはプロが選ぶ賞があるが、アイドルDVDにはこうした賞がない。そんな思いから2012年に東スポWebでスタートした、アイドルDVDメーカーがその年1番輝いたグラドルを選ぶグラビア賞「プロが選ぶアイドルDVD賞」も今回で4回目を迎えた。グラドル復興の流れも見えてきた2015年のMVPは果たして誰になるのか。

 

<参加者>

イーネットフロンティア・飯森弘憲氏、竹書房・光安稔氏、グラッソ・上代憲司氏、シャイニングスター・小野寺俊雄氏、リバプール・佐藤宙史氏、ギルド・大久保貴宏氏

(※ラインコミュニケーションズは事前アンケートのみで選考会には参加できなかった)

 

 

熟女たちのDVDが売れた2015年

 ――アイドルDVD賞も今年で4回目になります

 

 竹書房・光安(以下光安):これまでの受賞者を見ると売れた子もいれば、いなくなった子もいますね。山中知恵亜里沙高崎聖子…。

 

 ――星名美津紀だったりと売れた子もいるんですが、グラドルを占うのはなかなか難しいってことですね…。早速今年の傾向をうかがいたいんですが

 

 イーネット・飯森(以下飯森):35歳くらいの作品が今年はよく売れましたね。元女子アナの脊山麻理子(35)、森崎まみ(36)に中川祐子(43)。杉原杏璃も33歳。

 

 光安:NHKのお天気お姉さんだった半井小絵(42)も売れましたね。あと今年はグラビアから旅立った人の活躍が目につきました。「μ‘S」で紅白出場する飯田里穂(24)と久保ユリカ(26)とか。

 

 ――旅立っちゃいましたね(笑い)。数年前まではソフマップでイベントしていたんですけど。

 

 光安:変わった子も多かったですね。潔癖症の寺田御子(23)とか。

 

 ギルド・大久保(以下大久保):うちでDVDを作ったんですけど、あそこまで潔癖症だと知らずにバリで撮影したら、プールに入った途端にじんましんが出ちゃって大変でした。

 

 飯森:握手会もビニールの手袋をつけてやったからね。事務所の人には「手袋を取ってもいいけど、倒れますよ」と言われた(笑い)。

 

 

関連タグ: