1本限りで引退を撤回! 三上悠亜“ガチH”「恥ずかしい」

2015年12月04日 16時50分

ホームページも開設

 芸能人専門AVメーカー「MUTEKI」から6月1日に、1本限りでAVデビューした元国民的アイドルグループの“グラビアプリンセス”三上悠亜(21)が1日、AVに“復帰”するとMUEKIの公式ホームページで発表した。AV第2弾となる「快感」(来年1月2日発売)は4日現在、予約段階で「DMM.com」の人気ランキング1位を獲得する人気となっている。


 三上は「国民的アイドルグループのグラビアプリンセス」とキャッチコピーが付けられた新人で、アイドルらしい顔立ちと、青年漫画誌でグラビア賞も受賞したT159・B84・W59・H88のボディーで瞬く間に人気となった。


 当初1本のみとされたAV進出だったが、MUTEKIのホームページによれば、熱烈なリクエストもあり再びAVに出演することになったという。


 第1弾では本番のない“疑似”とも噂されたが、今回はサンプル動画でもばっちり挿入シーンがあり、「本物アイドルの“本物”セックスです」とうたわれている。


 三上は第2弾の発表に先立ち、公式ホームページや公式ツイッターを開設。サンプル動画については「わたしも見たのですが…恥ずかしくて、ぐふふふふってなってしまいました恥ずかしい…」とコメントしたほか、出演AVを積極的に宣伝。AV女優としての活動を決めたようだ。