新世代グラビア女王・久松郁実 2か月で8誌の表紙、DVDは有村架純超え 

2015年08月28日 18時00分

ここ2か月で8誌の表紙を飾った久松郁実

【知っておきたい美女2015】新世代のグラビア女王として注目されているのが「CanCam」モデル、グラビアアイドルとして活躍する久松郁実(19)だ。今年に入り数々の雑誌の表紙を飾り、5月にリリースされたファーストDVD「19」(リバプール)はアイドルDVDで2015年最大のヒット作となっている。今、最も輝いている10代美女にその思いを聞いた。

 


 ここ2か月でも8誌の表紙を飾り、コンビニで見る機会が多いと話すと久松は笑顔をはじけさせた。

 

「表紙が増えてうれしいです。最近はコンビニに行くと結構な頻度で私がいるので。表紙になると自分で雑誌をコンビニに買いに行くんですけど、最近はどんどんお小遣いがなくなってます(笑い)」


 ファッション雑誌「Hana*Chu→」「CanCam」などのモデルとして活動。2014年「三愛水着イメージガール」就任をきっかけにグラビア活動を始め1年半がたった。


「初めて週プレにイメージガールとして出させてもらった時は、男性を誘惑する表情もせずに“モデル久松郁実”でやっていました。今は読者の方がどんなグラビアを見たいのかなと考えながら撮影しています。最初は布があまりないので抵抗感はあったんですけど、最近はグラビアを楽しめていて、毎回進化している気がします。(柳)ゆり菜ちゃんが癒やし系なので、私は元気はつらつを求められているのかなと思ってます」


 抜群のスタイルに、決して下品にならない健康的なお色気は従来のグラビアファン以外からも支持されており、5月に発売されたファーストDVDは「うちでいえば有村架純さんを超える売り上げです」(メーカー担当者)と記録的なヒットとなっている。


「DVDは周りからすごいと言われて、びっくりしてます。よく売れた理由を聞かれるんですけど、分からないんです。何でなんでしょう。パッケージに少女感が出ていたのが良かったんですかね。最近はイベントも完売になるのでファンは増えたかなと思います。街で声をかけられたりはしないけど、ツイッターで『今日渋谷で見たよ』と言われます。話かけられるとうれしいのでぜひ話しかけてください。一緒に写真を撮りましょう」


 グラビアを始めた当初は恥ずかしかったというが、今は自分の体を見られることにも自信がついた。意識も変化し、最近体幹トレーニングも始めた。


「もうすぐ20歳なんですけど、ちょっとずつ大人の女性らしい肉付きになってきて、水着を着る上で気になっていたので今は鍛えています。プロテインも最近飲んでいます。あとプロテインといえば明治ミルクプロテインのホームページで放送しているオンライン動画番組『いくミルプロTV』(http://milprotv.jp)に出演しています。内容はおふざけもあり、成分説明もありと私らしいもので、特技のバスケもしていますし『イクミのミはミルクプロテインのミ』とかアイドルっぽいことも言ってます(笑い)。そういうところを楽しんでもらえたら」


 モデル、グラビア以外にもテレビドラマ「ごめんね青春!」に出演と役者としても活動。挑戦したい仕事も多い。


「グラビアでは写真集。モデルもやらせてもらっているので、元気さや若さは残しつつ、モデル×グラビアでかっこかわいいものを作りたいです。演技も興味あります。「ナースのお仕事」がすごく好きなのでコメディーなナースのドラマでナースとか演じてみたいです。20歳の目標はテレビにもっと出ること。出川哲朗さんが好きなので『世界の果てまでイッテQ』で共演したい」


 9月2日放送の「鳥人間コンテスト2015」ではアシスタントリポーターを務め、プラットフォームから飛ぶ直前の選手の表情や緊張感を伝える。


 プライベートの20歳の夢はお酒を飲むこと。


「ロケとかに行くとスタッフさんたちがお酒を飲んでいるのが楽しそう。同級生も20歳になって飲みに行っているけど、私は行けないので早く誘ってもらいたい。シャンパンとか飲んでみたいですね。おしゃれなシャンパンとかぜひプレゼントしてください(笑い)」

 

【プロフィル】ひさまついくみ 1996年2月18日生まれ。東京都出身。身長165センチ。スリーサイズはB83・W59・H86。CanCam専属モデルと同時に、グラビアアイドルや、バラエティー、女優としても幅広く活躍。特技はバスケットボールで運動神経も抜群。遠泳では「4キロ泳げます」。

関連タグ: