倉持由香 さすが尻職人! 巨尻使った変態プレーに挑戦「興奮した」

2015年07月12日 16時05分

“尻職人”の異名を持つ人気グラドルの倉持由香(23)が12日、東京・秋葉原のソフマップ・アミューズメント館で9作目のDVD「桃尻彼女2」(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

 新作は昨年6月に発売された「桃尻彼女」の続編。

 倉持は彼氏の言いなりになる彼女の設定で「首輪をつけてのワンワンプレーをしたり、『祭りが近いから君のお尻で練習させてくれ』と尻太鼓になったり、四つん這いになってマウスパッドの代わりをさせられ、ダブルクリックされるたびに『あん、あん』って言ってます」と数々の尻を使った変態プレーに挑戦した。

 普通のアイドルなら屈辱で芸能界を引退してもおかしくない演出だが、ドMを公言するだけに「興奮しました」とニンマリ。一方「Tバックははかないというモットーがあるので、それは今後も続けたい」と尻への強いこだわりも見せた。

 100センチの巨尻を武器にグラビアはもとより、地上波への出演も増えている。先日はダウンタウンの浜田雅功(52)と番組で共演し「浜田さんにお尻をいっぱい蹴られた。浜田さんに殴られたり蹴られたりすると売れるそうなので頑張りたい」と大物との絡みに笑顔を見せる。

 この日も撮影では自ら床にうつぶせになり“女尻ポーズ”を披露するサービスぶり。売れる理由は巨尻だけではない。