人気女優・倉科カナの妹は巨乳グラドルだった

2015年06月14日 10時00分

橘希(左)と姉の倉科カナ

 姉の次は妹! 人気女優・有村架純(22)の実姉がDカップグラドルだった本紙スクープが冷めやらぬなか、今度は人気女優・倉科カナ(27)の実妹が同様にグラビアアイドルとして活動していることが、本紙の取材で分かった。今年から大手芸能プロ「ホリプロ」に所属している橘希(たちばな・のぞみ=24)がその人。「ミスサイパン2014」にも輝いた健康的なセクシーボディーの持ち主で、顔立ちは姉をほうふつとさせる美女だ。

 

 

 本紙5月21日付の「有村の姉がDカップグラドル・新井ゆうこ(24)だった」とのスクープで、有村の姉であることを隠してきた新井は複数の雑誌に取り上げられるなど一躍時の人となった。その反響が収まらぬなか「実は…有村さん以外にも人気女優の身内がひっそりグラドルをやっているんです」と出版関係者が明かしたのが、橘の存在だった。


 もともと稲森ヒロの芸名で芸能事務所に所属し、T157・B87・W58・H84というスラリと細身ながらも主張あるDカップを武器にグラドルとして活動していた橘。昨年は「ミスサイパン2014」に輝いている。今年からホリプロに移籍し、現在は同事務所のイベントやテレビ番組などに出演している。


 実は、橘が倉科の妹であることは業界の一部では知られていた。


「ホリプロ側でも移籍を機に、テレビ番組で倉科の妹と公表しようと動いていたんですけど、結局やめたんです」(前出の出版関係者)


 橘はもちろん、倉科と同じ熊本県出身。倉科には妹が3人おり、2010年発売の写真集の中で、妹3人のうち2人の誕生日が倉科の誕生日(12月23日)と1日違いで並ぶことを明かしている。橘の誕生日もプロフィルでは12月22日と当てはまる。


 橘に会った出版関係者はその印象について「ぱっと見て倉科にすごく似ているというわけではないですが、輪郭や目元はお姉さんを思わせます」と語る。


 前事務所時代にファーストDVDを出しており、今月25日には橘希としては初となるDVD「LOVE&HOPE」をリリース。背中が大きく開いたセクシーなワンピース、ビキニでのテニスなどで健康エロボディーを惜しげもなく披露している。稲森ヒロ時代のDVDはそれほど評判とはならなかったが、倉科の妹であることが発覚すれば注目度がグ~ンと上がることは確実だ。


 倉科は06年に「ミスマガジン」に選ばれ、グラドルとして活動。T158・B89・W59・H87のFカップ乳で知られる。09年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロインを務めて脚光を浴び、その後はドラマ出演が途切れない人気女優となった。プライベートではお笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(43)との交際や、昨年10月には人気俳優の竹野内豊(44)との熱愛ぶりが写真週刊誌に撮られた。


 妹の橘も過去の取材に「将来的には女優さんの仕事をやりたい」と答えており、倉科と同様、今後はグラドルから女優への道を目指している。そう遠くない将来、姉妹共演が実現して大きな話題を呼ぶことになるかもしれない。

関連タグ: