夜のバイト経験生きる!森下悠里がキャバ嬢ドレスをプロデュース

2015年06月10日 10時59分

ドレスのプロデュースを行った森下悠里 (C)「Honey xoxo」 (C)2015 『W~ふたつの顔を持つ女たち~』製作委員会

 またまた夜の仕事に進出だ。グラビアアイドルでタレントの森下悠里(30)が、自身がプロデュースするキャバクラ嬢向けドレスブランド「Honey xoxo」を立ち上げたことが10日、分かった。

 

 現在、六本木のガールズバー「Wラウンジ」のキャストプロデュースを務める森下が次に手がけたのが、夜の女性たちが身にまとうドレスだった。森下にとって、ドレスのプロデュースは念願だった。デビュー前に銀座の高級クラブや六本木のキャバクラでアルバイトした経験を生かし、「今までにないドレス」がコンセプト。軽く、着やすく、伸縮性のあるミラノリブやオリジナルの素材を使用したドレスは、華やかさはもちろん、着るキャバ嬢にも優しい作りとなっている。

 

 森下はドレスのモデルも務めており、普段のグラビアの水着姿とは違う夜の色気を発揮している。ドレスの発売は通販サイト「sugar」で10日18時から行われる。