小向美奈子「幻のAVデビュー作」を独占入手

2015年06月02日 06時00分

感極まったときの“アエギ顔”は本気度120%(「問題がありすぎて――」から)

 グラビアアイドル、ストリッパー、AV女優として名をはせ、4月27日に覚醒剤取締法違反(所持、使用)罪で懲役1年6月の実刑判決を受けた小向美奈子受刑者(30)の“流出”AVを本紙が独占入手! この映像は、2011年2月に同法違反(譲り受け=証拠不十分で処分保留)で逮捕状が出ていた20代当時、逃亡・潜伏していたフィリピン・マニラで極秘撮影されたものとみられる。「1億円」の価値を持つ衝撃映像が世に出た真相に迫った――。

「問題がありすぎて発売を自粛した、AVデビュー前の小向美奈子の超本能ムキ出し変態ガチンコお蔵入り映像が遂に流出! 24才の現役バリバリ芸能人時代に撮影された、幻の『初脱ぎ』『生ハメ』『スライムファック』!これが本当のファーストデビューSEX。」

 このタイトルで、新メーカー「モラル」から7月1日に発売される流出AVは超がつくほど過激な内容になっている。

 序盤、自慢のスライム乳を男優の指がメリ込むほど“激揉み”されて早くも悶絶。1人にバックから挿入され、もう1人にフェラチオで奉仕させられる“串刺し3P”なども収録された。最大の注目は、コンドームを装着せずに行われる「生ハメ」プレー。抜き差しが繰り返される様子は“芸能人AV”とは思えないほど生々しい。まさにバカ売れ必至の話題作だ。

 覚醒剤事件で3回逮捕された小向。2度目の11年は直前にフィリピンへ逃亡し、本紙は「マニラでAV撮影」と報じた。当時は「24歳」でなく25歳だったが、「基本的にあの報道の通りです」とした上で証言するのは、あるAV関係者だ。

「マニラに渡ったのは逮捕状が出る直前で、逮捕状が出たことを知った関係者が慌ててAV出演を口説いたようです。普通はメーカーが決まってから撮影しますが、いつ逮捕されてもおかしくない状況だったため、販売方法も決まっていない中で、急きょ日本からスタッフを呼び寄せ、撮影したそうです」

 それが今回の流出映像とみられる。小向に近い芸能関係者も「私も流出映像を見ました。マニラでの当時の様子はワイドショーなどでも報じられましたが、髪形や体形も当時のもの。あのとき撮影されたものとみて間違いない」と断言した。

 問題の映像は、撮影した関係者が帰国直後、メーカー各社に買い取るよう交渉したが――。

「どこも買いませんでした。処分保留とはいえ、逮捕状が出ている時に逃亡して撮影したものとなると道義的に無理。ちょうどAVメーカーがコンプライアンスにうるさくなっていた時期でもありましたし。その後、正式なデビュー話(※11年10月にアリスJAPANからデビュー作をリリース)が持ち上がり、あの映像は“なかったこと”に」(別のAV関係者)

 それが今回、流出した経緯とは?

「実は“社会派作品、不定期発売”をモットーにした新しいAVメーカー『モラル』が立ち上がったんです。そのタイミングで関係者に近い誰かが映像を持ち出し、売りさばいたのでしょう。『モラル』はイケイケで、道徳的なこともあまり気にしなかったようで買い取り後、7月1日の発売が決まったんです。買い取り額は1億円くらいらしいですよ」(前出のAV関係者)

 1億円とは破格だが、それだけの価値を見いだす要素は十分にありそうだ。まずは衝撃の中身と実刑判決直後という話題性。それに、これまでAVデビュー作とされてきた作品以前に撮影されたことによる“真のデビュー作”の価値も加わる。

 気になるのは、前代未聞の“獄中AVリリース”という事態を迎える小向サイドの反応だ。本紙は所属事務所に取材を試みたが、実刑判決後、事務所は事実上の解散状態になっていた。かつての個人事務所スタッフとの接触に成功し、流出騒動に対するコメントを求めたが「事務所が解散した以上、お答えすることはありません。本人が(流出騒動を)知っているかも分かりません」と答えるのみだった。

 いずれにしろ“お騒がせ女優”がAVの歴史に強烈なインパクトを残す1ページを新たに刻んだことは間違いない。