ブレーク必至・高梨臨 奔放愛で話題提供の過去

2015年05月30日 16時00分

ドラマ、CMでも引っ張りダコの高梨臨

 放送中の堺雅人主演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)で美人女医役として出演中の高梨臨(26)がブレークの予感だ。前クールの堀北真希主演ドラマ「まっしろ」(TBS系)では看護師姿を披露し、CMでも引っ張りダコの美女。その素顔とは——。

 大きな目と整った顔立ちに、T166・B83・W62・H86の抜群のスタイルが魅力だ。

 ドラマ関係者は「注目されたのは昨年、NHK朝ドラ『花子とアン』への出演でしょうね。芸歴はもう10年だそうですが、当初はバラドルの坂下千里子(39)に似ているといわれていました。いまや、女優としてもCMタレントとしても、坂下を抜いたといえるでしょうね」と語る。

 原宿でスカウトされ、2005年にアイドルグループ「ピンクジャムプリンセス」のメンバーとしてデビュー。芸名は高梨真莉だった。09年から戦隊モノ「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンピンクとして活躍し、グラビアアイドルとして写真集、DVDも発売した。

 CMで注目されたのが13年の「JR東日本ビューカード」だった。

「米国の国立公園の大自然の岩の上に立ち、最後に『ビュー』と発音する口がなんともセクシーで、CM制作関係者の間でも美しすぎると話題になりました。このCMがNHKの『花子とアン』のキャスティングスタッフの目にとまり、起用が決まったともいわれています」(広告代理店関係者)

 この春からも伊藤園「黄金烏龍茶」、花王「アジエンス」、ピップ「スリムウォーク」の3本のCMが加わり、“CM美女”としてもさらに出演を増やしそうだ。

 気になるプライベートでは現在、交際中の彼氏はいないようだ。昨年8月に「花子とアン」で共演した劇団EXILEの町田啓太(24)との熱愛・お泊まりデートが女性週刊誌にキャッチされた。

「マスコミが狙っている『花子とアン』の打ち上げの流れで朝まで15時間も飲み続け、そのまま町田の家に泊まって翌日、一緒にいるところまで女性誌に押さえられた。事務所から大目玉をくらったそうです。話題の作品へのオファーが相次ぎ『大事な時期なのに何やってんだ』と説教されて、高梨も渋々、町田と別れたようですよ」(芸能プロ関係者)

 これ以前には「仮面ライダー ディケイド」で共演した戸谷公人(25)との仲も話題になった。

「戸谷と交際中には、SNSで同じラーメン店や、同じ空を撮った写真、ペアアクセサリー、2ショット写真などをお互いアップした。あまりにあけっぴろげな交際だったため、このときも事務所にとがめられたそうだ」(同)

 CMやドラマでは冷静な大人っぽい表情を見せているが、まだ子供っぽい一面も残っている。

「バラエティー番組で自ら明かしていますが、クマのぬいぐるみを片時も離さず持ち歩き、共演者とはそのクマになりきって話すこともあるそうです。このため、ドン引きされたり“不思議ちゃん”とみられたりすることもあるようですね」(テレビ関係者)

 それでも、このところのドラマや映画での表現・演技力、存在感は評価が高く、今後も連続してドラマ出演は続きそうだ。さらに人気、知名度を上げれば、次代の主役級女優も夢ではない。

 名実ともにビッグネームになったときは、本来の奔放さを解放し、芸能マスコミを大いに騒がせるくらいの話題を提供できる逸材だ。

関連タグ: